各社の保険料が一度にわかる無料サービス

自分の加入条件で各社の保険料を比べたことがありますか?
(※20社以上の中で今の保険料はどの程度なのかお分かりでしょうか。)

軽自動車 任意保険

『軽の保険料は安いはず』という思い込みが盲点になっています。
あなたの任意保険が高いことを知らないままだと、軽自動車の維持費のメリットが台無しになっているのかも知れません。

せめて一度は一括見積もりで各社の保険料を比べてみてください。

軽自動車の任意保険料を知るには一括見積もりが最適です。
簡単な入力で複数社の見積もりを同条件で比較することができます。

■【完全無料】一括見積もりの申込みの流れ
①免許証、車検証、現在の保険証券を準備(初めて加入の場合は車の型式だけでOK)
②入力フォームに情報を入力し確認して送信(入力は5分~15分程度で完了)
③メールまたは郵送で見積もりが届き一覧で比較できます。


■一括見積もりサービスはどれでも無料で利用できます

※無料の一括見積もりサービスは電話勧誘などの心配もなく誰でも安心して利用できます。
※免許証、車検証、保険証券を準備して、入力は最短5分、長くても15分程度で完了です。

「安い任意保険は事故対応が心配」の噂に惑わされるな!

<保険料の違いの原因は中間コストの差>

従来の代理店型自動車保険から保険料の安い通販型(直接契約)に切り替えるケースが増えています。

通販型の任意保険は顧客と直接契約を行うので、代理店、支店などの中間経費がスッパリと省略されています。
(※中でも代理店の手数料は保険料の15~20%と言われています。)

直接契約の任意保険は、例えば産地直送や工場直送のようなもので、保険料が安くなるのがあたりまえだといっていいでしょう。
代理店型と通販型の保険料の違いは販売形態によるもので、サービスの質とは別問題のことなのです。

<「安い保険=不安な保険」は根拠の無い話>

「安い通販型はいざという時に不安」などという事実と違う説明は、もう通用しなくなりました。
各種調査で満足度の上位を占める割合は、むしろ通販型各社の方が圧倒的に大きくなっています。

不安どころか、むしろ安い通販型の方が事故対応などの顧客満足度が高くなっているのです。
(※通販型が上位を占める満足度ランク ⇒⇒ 2012年版オリコン顧客満足度ランキング

<業界の実態を知れば安い自動車保険を安心して選べる

1998年の自動車保険自由化以後、格安保険料の通販型任意保険は着々と契約者を増やしています。

当初は外資系だけだった通販型に、三井ダイレクト、そんぽ24、ソニー損保、SBI損保、イーデザイン損保と、国内損保も次々と参入しています。

このことが通販型任意保険の合理性、将来性を何よりも雄弁に物語っていると思います。

代理店型と通販型は今やコストパフォーマンスの競争になっています。
このような事情が分かれば、安い自動車保険を安心して選ぶことができます。

一括見積もりの実際の利用者の声

軽自動車 任意保険

ネットでの資料請求や見積もりをしたことがないなど、一括見積もりに不安を感じる場合は、現実の利用者の体験談や口コミを調べてみるのがいいでしょう。


■インズウェブ~一つ一つにコメント付

口コミ情報がとても丁寧。利用者の声一つ一つに的確なコメントが付いていて親切にガイドしています。

■保険スクエアbang!~は簡潔でバックナンバー豊富

保険スクエアbang!の「利用者の口コミ」は簡潔でわかりやすく、バックナンバーも盛りだくさんです。(2007年分から掲載)

■カービュー~FAQが親切で的確

カービューは、FAQが的確・親切で、ここを見ればほぼ不安や疑問は解決します。車のことなら一度は眼を通しておいたほうがよいFAQです。

軽自動車の任意保険|加入条件を決めて各社を比較

軽自動車の任意保険を選ぶための手順

◎第一ステップ⇒自分の加入条件を確かめる

軽自動車の任意保険を選ぶなら自分の加入条件の確認が欠かせません。

任意保険料は年齢・等級・使用目的・車種・走行距離・車両保険の有無などで大きく変わります。
「保険料はいくらになりますか?」とどんな専門家に尋ねてもまずは「加入条件は?」と質問されることになります。


◎第二ステップ⇒各社の比較を行なう

加入条件が決まっても1~2社の見積だけでは結論が出せません。

自動車保険は現在24社が扱っており各社が様々な商品で競争しています。
全体的な視野から各社の比較を行なって初めて後悔のない保険選びが可能になります。


各社比較を短時間で行う方法は現在一括見積もりしかありません。

20社を超える保険会社に1社づつ見積を依頼するのは普通不可能に近いでしょう。
一括見積もりは複数社の比較を一度に行なうことができる唯一のサービスです。


■軽自動車こそ任意保険は比較して節約を

軽自動車の最大のメリットはやはり維持費の安いことでしょう。

軽自動車の任意保険は維持費の中で結構な比重を占めているはずです。

維持費全体が安いだけに、その中の任意保険の選択を誤ると軽自動車のメリット自体が損なわれかねません。

自動車保険の自由化により、5ナンバーと4ナンバーの区分だけで車種による料率区分の設けられていない軽自動車の任意保険であっても、保険料の金額は様々になりました。

また、中間コストを省いた通販型の出現により、どこを選んでも軽自動車の任意保険は普通車より高くなることはないとは言い切れなくなりました。

現実に、軽自動車で旧来タイプの代理店型任意保険を選ぶ場合は、普通車で通販のリスク細分型を選ぶ場合よりも保険料が高くなってしまうでしょう。

自由化で消費者の選択が広がったのはいいことですが、このような状況では、軽自動車こそ各社の保険料をよく比較して任意保険を選ばないと経済性というメリットが消し飛んでしまう懸念があるということです。

このように、軽自動車の任意保険選びには各社の比較が欠かせませんが、数多くの保険会社の多様な特色を持つ保険を一つ一つ比較するのは非常に大変な作業になります。

そんな時に役に立つサービスが「自動車保険一括見積もりサービス」です。

一括見積もりなら各社の保険料の比較が簡単・便利に行なうことができます。

ネットの自動車保険一括見積は、
・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる
・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる
・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利
というメリットがあり、安い自動車保険を見つけたい時に大変便利で強力な助っ人になる無料サービスです。

各保険会社の見積り資料によって行なう保険料の比較ほど安心で確実なものはありません。

自動車保険の更新の通知があったら、一度、一括見積サイトを利用して見てください。

同じ条件なのに、各社による保険料の相場の違いに驚くと思います。

同一加入条件なのになぜこんなに相場が違うのかという驚きや疑問が自分にとっての保険見直しのポイントを教えてくれるかも知れません。


このページの先頭へ